メニュー

こだわりは、たこ焼きだけじゃない

皓介にはたこ焼き同様、他のメニューにもこだわりがあります。 主にイベント出店時にご用意しているメニューですが、どれもこだわりがあります。是非、ご賞味ください。

"先代が額に汗した強き思い"

皓介の焼そば

東海市にある安藤製麺所の先代がほんとうにおいしい焼きそば麺をつくるため昔ながらの技法にこだわって作った蒸し麺があった。

しかしできたものはかなり手間隙がかかり、高価なものになってしまったため、大きな生産が始まる前に先代はこの世を去ってしまった。 私たちはこの話に心を打たれた。そして先代の思いに応えようと決めた。自家製ソースを開発し、2種類のソースとしょうゆをブレンド。

熱き思いの詰まった麺を継承する、これが皓介の焼そばである。

この焼きそばを優しく卵で包んだものがオムそばである。料理研究家、長田絢さんが認めたこの商品は、地元グルメフェスタに出品し準優勝となった。そして地元の町おこし商品として『刈谷輝そば』と命名されている。


"大あさりと牡蠣の誘惑"

大あさり・カキ

地元の特産品を広めたいという思いから全国各地のイベントに出店し、 イベント限定商品として販売している。
一度食べれば、また来年も食べたくなるに違いない。
秘伝の特製ダレで焼き上げる天然大あさり。

また、牡蠣は「海のミルク」と言われるほど栄養価が高い。そのふっくらぷりぷりで、クリーミーな味わいを堪能していただきたい。

ココでしか食べられない、屋台での最高の贅沢。
この牡蠣を一番美味しい調理法で、多く人に食べてもらいたい。


"義理と人情の一本"

フランクフルト

義理と人情の町、西尾市吉良町の吉良里フランク。

(有)アクティブピッグで生産したメス豚限定ブランドである。
メス豚の肉はオス豚に比べてきめ細かく、柔らかい豚肉である。

あふれでる肉汁が特徴的で、 こだわりぬいて作ったどこにもない味。

想いの詰まった一本は、イベント限定商品である。

"氷を知り尽くした私達が心を込めて作る一皿"

かき氷

氷の向き、機械、シロップ・・・
こだわりぬいた製法と研ぎ澄まされた技術で作られる皓介のかき氷。

また器にこだわりを持っている。
イベントでかき氷を渡すとき、山盛りのふわふわかき氷をこぼして泣いている子供がいた。
そんな様子を見て、なんとか子供の笑顔を追及できないかと考えた。
そして皓介では、大きな受け皿を使用。
氷の容器からはみでてしまっても受け皿の上に落ちるため、親御さんも喜ぶ。
この容器は、所さんの『学校では教えてくれないそこんトコロ』で取り上げられた。

また西尾の抹茶を使ったシロップを独自開発。
苦味の中に甘みがある、深い味わいが特徴。
練乳を無料サービスにしているところも、
お客さんを喜ばせたいという思いからである。

おいしさと笑顔をお届けする、皓介自慢の一品。

メニュー